再起の話


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 湊研究室の掲示板 ]

投稿者 湊 日時 2007 年 8 月 19 日 20:04:26:

マーケティングを活かした話を最近聞いたり見たりすることがあったので
書いておきます。

私は知らないけどスーパージャンプで人気の作家、三田さんの話が
河北新報(2007年8月12日)に載っていました。

三田さんは家の事情で故郷にもどって、再起をはかろうとして漫画家に
なったそうです。デビューの時には人気漫画のストーリーやこま割りを
分析し、売れっ子になった時にはその当時読者アンケートで一位をとって
いた漫画の分析をしたそうです。

河北新報のインタビューでも漫画という商品で読者という顧客をどう
とらえるかといいうことでしか漫画を作れないと述べていました。

また、8月19日の朝のNHK第一放送を聞いていたら、大村さんという
方がエブリ リトル シングという小説で15万部売り上げたということが
話題になり、大村さんにインタビューしていました。

大村さんはExcel関連の本でベストセラーを出した方のようですが訳あって
会社をやめ出直そうということで、自分のやりたいことの一つであった
小説を書くということを考えたそうです。

ただ、書くだけではなくて、読んでもらう世代を絞ったり、その世代が
読むような文章はどんなものか調べたというようなことを言っていました。
また、小説を売る際には「クワガタと少年」をサンプルとして無料で公開し、
読者を引きつけるような販売戦略も考えたそうです。

それで見にいったら無料公開期間は終了していましたけどね^^;
これでまた読者を引きつけそうです。

このような調査などにインターネットはとても役にたったとインタビューに
応えていました。

このように今までやっていた仕事をやめて、新たに新しい仕事で成功する
話に最近触れることができました。

三田さん、大村さんともマーケティングを行っているところに興味が
あります。ただ、彼らみたいに才能があれば活かせるんだろうけどね^^;



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
E メール:

件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 湊研究室の掲示板 ] [ FAQ ]