おひさです^^


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 湊研究室の掲示板 ]

投稿者 湊 日時 2010 年 4 月 08 日 10:26:54:

回答先: ご無沙汰してます〜 投稿者 双子妹 日時 2010 年 4 月 07 日 23:40:44:

: ご無沙汰してます〜。
: 年始のご挨拶も出来ず申し訳ありません〜。
いえいえ、ぽちぽちでもありがたいです^^

: 昨年から忙しいまま(笑)今に至る(現在進行形)です。
景気が上がってきたんですかね。うれしいですね。

: ・・・6月初めまでは、休みもあまりない感じです・・・ずっと週休1日(笑)
: まあ・・仕事があるのはいいことですが・・・限度が(笑)
休み取れる時にぱっと取って旅行にでもでかけましょう。
やっぱ気分転換は必要だよね^^

: あ、今年も新人は4名(男女半々)入りました。
: とりあえずプログラムのことはわからなくても良いから、元気に挨拶してね(笑)
: と教えてます(笑)そこから教えなきゃないのが切ないですが・・・。
挨拶っていうのがなかなかできないよね。学校で挨拶して
くれるのは野球部の連中が多いんだよね(迫力あるけど、
うれしいね^^)

そうそう、海外なんか旅行するとわかるけど、向こうの方は
よく挨拶してくれますね。それだけで気分が良くなります。
挨拶は活気を与えてくれるんじゃないかな。

: 昨年は文学部出身もいましたが、今は結構プログラム組めるようになりましたよ。
: 最近はちょこちょこシステム全体を教えてます(笑)
やっぱ、文系の人は向いているんじゃないかな(笑)
システムだって段落や章みたいに区切ってそれらの
つながりを説明してあげるとすぐ理解してもらえたり
してね。

: 社内で「勉強会」を開こうという話を最近しています。
:  ●プログラム技術系(VBですけどね(笑))
いえいえ、笑い事じゃありません。今年に入って東京の
会社からVBA検定というものがあって学生さんにすすめて
くださいという話がありました。その前に先生に検定を
受けてみてくださいだってさ^^

というぐらいVBとは違うけど、MOSのような資格以上の
ものを取得させようとする動きがあるようですよ。


:  ●システム業務知識(販売・財務・生産・人事・給与・顧客など〜)
こっちが大事じゃないかな。ただし、本を読むんじゃなくて
自分や先輩方の経験をもとにして説明してあげると興味を
もってもらえるように思います。

: とはいえ、誰かが講師役となると負担が大きくて、現状の仕事状況から見て
: 現実的じゃないな〜などと(笑)皆、好き勝手に言ってる感じです(笑)
そうです、このようなことを考えようとすると、仕事以外の
あき時間に考えることになっちゃうんで負担になりますよね^^

: (まあ、負担が大きいと継続できなくなっていくので、仕方ないんですけど。)
: 勉強会の方法とか、参考になりそうな本とかご存知だったら教えてください〜。
方法としては先にあげた経験をもとに各知識について説明
するものがありますが、よくばってたくさんのことを取り
上げないことです。1回に一つか二つで済ましましょう。

また、自分だけでやらないことも一つの手です。社長を
始め、その筋に詳しい方々に直に説明してもらうことです。
そして必ず質問の時間を設けましょう。そうするだけでも
社内の雰囲気も変わってくるんじゃないかな。で、これを
イベントとして皆さんのスケジュールをたよりに調整して
いかなくちゃなりませんが、その点向いているんじゃ
ないかな^^

もう一つVBについては、仕様で捉えるということで、
まず、前提となるサービスについて考えます。それから
そのサービスをソフトウェアの形としてモックアップして
いきます。モックアップとは取りあえず形にしてみる
という感じでしょうか。人数によりますがみんなで作業
していくと楽しいかと思います。

参考書として(VBじゃないんだけど、参考になります)
以下のものをあげておきます。

・RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発、
Sam Ruby他、前田修吾 監訳、オーム社、4200円
高い本です^^モックアップに関するのは49ページ
から54ページまで^^;9ページからのMVCに関する
説明も役に立つでしょう。本屋でちらっと見てください。

・Microsoft VisualC++2005 アプリケーション開発入門、
増田智明 著、日経BPソフトプレス、2680円
同じシリーズでVBのもありますがモックアップに関する
ページがある点で貴重です。4章に基本的な設計手順が
設けられていてわかりやすく解説されています。これを
VBに応用したらよさそうです。中古本で安く手に入る
かも^^

・ペーパー・プロトタイピング、Carolyn Snyder、
黒須正明 監訳、オーム社、3200円
紙をつかってユーザインタフェースを設計しようと
いう本です。一冊丸ごとなので読むのがつらいかも^^
他にもこの手の本が出ていますが、価格が高かったり
します。

取りあえずこのあたりを見てモックアップの方法に
ついて参考にしてみてください。お役に立てるか
どうかはわかりませんが^^

: しばらくは忙しいですが頑張ります!!
よし、その勢いじゃ^^

: 寒暖の差があるので、先生もお身体に気をつけて下さいね。
: (といってる私が、既に今年は2度風邪引きました・・・。
: 疲れきっていて免疫力低下したみたいです(笑))
免疫力はあるみたいですが、今年の冷えで腰に来ました^^;
初めての経験でつらかったですね。何せ電車で座っていても
立てるかどうか不安になるくらいですもんね。それ以来
寒い日に貼るミニカイロは必須だよ(笑)

では、またね。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
E メール:

件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 湊研究室の掲示板 ] [ FAQ ]